前へ
次へ

太陽光発電とメンテナンスの負担

太陽光発電に関してはメンテナンスフリーと捉える人もかなりいるのですが、現実には草刈り並びに清掃などメンテナンスがなくてはなりません。
地面設置においては雑草がのびパネルに影がもたらされると発電量がダウンしてしまうため、一定間隔ごとの草刈りあるいは除草剤の散布などがどうしても必要になるでしょう。
こういった類の手間を押さえる為に、防草シートや砂利を敷くことも実用的です。
パネルなど初期不良が原因の故障は期間中であれば製造メーカーの保証を受けることができます。
土砂崩れなどで異常が起きたケースでは動産保険など、保険などに入っている場合は保険を介して交換が出来るケースがあります。
加入していないケースになると実費交換が求められます。
太陽光発電システムで不具合が多いのはパワーコンディショナーです。
耐久年数は10年ぐらいといわれており、交換は居住用太陽光発電で1回20万円くらいの費用がかかると言われています。

Page Top