前へ
次へ

太陽光発電と日射量との関係

太陽光発電システムで一番大事とも言えるのが日射量になります。
太陽光発電システムは、気象条件の影響を受けやすく1年での日射量で発電量の違いがあります。
雨の多い地域のみならず、太陽光パネルに関しては表面の温度がアップしすぎると発電効率が下向く特性もあることから、気温が高まりやすい場所も季節と状況によりは発電量が相当ダウンしてしまうこともあります。
一般的に考えてカタログなどに解説されている発電効率についてはパネル表面温度がおおむね25℃とパネルにとって好都合な環境の中での数値で作られており、夏の真っただ中の炎天下で管理のロスが出ていると言われています。
逆に、日射量に効果的な区域の場合には、季節と状況によりは雨や積雪などの影響がでても一年を通して日射量を調達できいればきちんと発電するケースがあります。
以上のように、気象条件によって発電量が影響を受けることは太陽光発電だからこそのマイナスポイントといえるでしょう。

Page Top