前へ
次へ

太陽光発電導入の際のポイント

太陽光発電はメンテナンスフリーとセールスしたり、お天気模様や屋根の向きなどからどう見ても満足できる発電量が得られないにもかかわらず、強引に設置させようとする良くない業者も存在します。
かくのごとき業者は、ずさんな工事でシステムの寿命を短くしたり、10kWオーバーの発電システムで欠かすことができない定期点検に取り組んでもらえなかったりするケースもあります。
そして、10から20年という長期投資を勘案すると、メンテナンスも欠かすことができません。
かりに良い業者さえも、20年先も営業を継続することができるかどうかというところもポイントといえるでしょう。
また、パネルの取り付けを行っておけば1年365日自由に電気を使うことが出来ると考える方もいるかもしれません。
しかし、パネルのみでは蓄電できません。
災害の時の予備電源や省エネ対策という形で太陽光発電を採用したい、効果的に売電収入がほしいと考えているのであれば、蓄電池なども重要になります。
現在では、居住用太陽光発電と関わりを持って昼に電気が余ったケースで、電気でお湯を沸かすエコキュートも売りに出されています。

Page Top