前へ
次へ

自家消費型太陽光発電の特徴

売電でない太陽光発電システムの新たな形でのあり方としまして、ここへ来て自家消費型が評価されています。
自家消費型太陽光発電は、電気代の削減のみならず、節税対策に使用することができるといった利点があります。
蓄電池と結び合わせることで効率化された利用が可能です。
売電を目的としないで発電した電力を家や会社組織が使うシステムという側面を持っています。
太陽光発電と蓄電池を結び合わせることで昼に発電したあり余った電気を捨てることなく蓄電池にため、夜や災害時などに効果的利用をすることができます。
そのため、節電効果を高めます。
さらに、会社が電気の基本料金をダウンするためには最大デマンド値を下げることが求められます。
最大デマンド値を下げるためには電気の使用量をセーブするピークカットや使用が最大となる時間帯を夜などにチェンジさせるピークシフトが欠かせません。
蓄電池がある場合日中貯めた電力を夜に活かすこともできますし、その反対に夜に買電で貯めた電力をお昼の間使用することでピークシフトが可能です。
それを実行する為には蓄電池が入用になるでしょう。

Page Top